Page
top

浮気調査/行動・素行調査/人探し/企業調査/ストーカー・嫌がらせ対策/裁判証拠収集

シンプルで分かりやすい安心価格 関東エリアを中心に全国対応

東京都公安委員会届出番号 第30200168号

ブログ
Blog

浮気が発覚した時の慰謝料はどれくらいもらえる?

パートナーの浮気が発覚してしまった場合、どうしても復縁する気になれずに慰謝料を請求したいという方もたくさんいらっしゃると思います。

しかし「どれくらい貰えるの?」「相場が分からないから不安」という悩みを持つ方は多くいらっしゃいます。この記事では、浮気が発覚した際の慰謝料の金額の相場と決まり方について解説していきたいと思います。

 

慰謝料の相場

相手からどれくらい慰謝料を貰えるのか気になる方はたくさんいらっしゃると思いますが、慰謝料の相場は様々な状況や要因によって変わってきます。特に「浮気が原因で離婚する場合(しない場合)」というのが大きく関わってきますので、3パターンに分けて紹介したいと思います。

 

・浮気発覚後も夫婦関係を継続する場合

(50万円〜100万円)

 

・浮気が原因で別居に至った場合

(100万円〜200万円)

 

・浮気が原因で離婚に至った場合

(200万円〜300万円)

 

こちらが裁判になった際の慰謝料の相場です。裁判にせずに相手と話し合いで解決する場合には、この通りになるとは限りません。相手が支払いを拒んでいる場合や、金額が低すぎる場合などは裁判が有効ですが、早期解決や、相手が素直に請求に応じる場合は、話し合いでの解決が良いかと思われます。

では次に、慰謝料の相場はどのような要因で変わっていくのか。主な要因を紹介していきます。

 

慰謝料の金額を左右する状況や要因

浮気が原因で離婚する場合(離婚しない場合)

パートナーの浮気が原因で離婚や別居に至った場合は、高額になることが多いです。逆に浮気発覚後も婚姻関係を続けていく場合に比べて低い金額になることが多いです。

 

婚姻期間

被害者の再スタートが難しい等の理由から、婚姻関係が長いほど慰謝料は高額になることが多いです。

 

浮気発覚前の婚姻生活の状況

浮気発覚前の夫婦関係が円満であるか、破綻寸前であるかというのも、慰謝料の金額増減の要因の1つとなります。円満であったが、浮気が原因で関係が破綻した場合は増額の要因の1つとなります。

 

浮気相手の認識

浮気相手がパートナーを既婚者だと認識していたかどうかも、要因の1つです。認識した上で浮気をした場合、悪質と認められ高額になる場合が多いです。

 

浮気の期間

浮気の期間や回数が多いほど、増額されることが多いです。

 

夫婦間の子供の有無

夫婦間に子供がいる場合、婚姻関係への影響や精神的苦痛が大きいため、高額になる場合が多いです。

 

パートナーの収入や資産

パートナーや浮気相手など、慰謝料を請求する相手の収入が高い場合、請求できる金額が増える場合が多いです。逆に慰謝料を払えるほどの収入や資産がない場合、減額になる可能性もあります。

 

他にも、慰謝料を決める要因はいくつかありますが、一般的には上記が慰謝料を決める大きな要因となります。

 

まとめ

ここまで、慰謝料の金額を決める要因や相場を紹介してきました。ご自身のケースでの慰謝料の額を想像できましたでしょうか。

慰謝料の金額には明確な基準が存在しません。そのため、相手に慰謝料を請求する場合は事前に探偵や弁護士に相談し、しっかりと準備を整えておくことが大切になってきます。

当事務所はいつでも無料でご相談を受け付けております。

ご不明な点は、専門的な知識を持った調査員がいつでも対応しますので、お気軽にお問い合わせください!